ソーシャルの力で沖縄を熱くする!

事業案内

  • HOME »
  • 事業案内

沖縄のソーシャルメディアリテラシーを高め地域社会の発展に貢献することを目指す

FacebookやLINE、twitter、YouTube、Instagram、Ustream、Google+など、多様なソーシャルメディアサービスがインターネット上に存在し、その利用者は増加の一途をたどっています。
コミュニケーションの潮流において「マスからソーシャルへ」の流れが顕著になる中、企業や商店、行政、地域などが行う社会活動においても、ソーシャルメディアサービスをいかに利活用するかが大きな焦点となっています。

沖縄県は他県とは異なる社会的課題を多く抱えており、多くの個人・企業・団体等がその課題解決のための活動を行っていますが、その成果は当事者周辺の限定的な範囲に留まることが少なくなく、また共通の課題に取り組む団体が複数あっても、連携がなされていないケースが散見されます。
そこにソーシャルメディアを関与させれば、そうした活動を今まで以上に連携・連動させ、より大きな成果に繋げていける可能性が広がります。

私たちは、沖縄の地域社会の発展において「ソーシャルメディアの正しい普及」が不可欠であると考え、平成23年10月に特定非営利活動法人ソーシャルネットワーク協議会おきなわ(略称「SNAO」)を設立しました。
Facebookのユーザー数が全国5位(人口100人あたり。2015年7月現在)に位置するなど、沖縄県は全国的に見てもソーシャルメディアに対する県民の興味や意識が高いといえます。
その一方で、ソーシャルメディアでのリテラシー(読み取る力・表現する力)不足が原因のトラブルは件数が増えているだけでなく、予期しなかった未知のパターンのトラブルも次々と発生し続けています。

SNAOでは、設立以来継続してきたソーシャルメディアリテラシー向上のための各種事業を主軸に、今後は社会的課題の解決のための活動にもより積極的に取り組んでいきます。
そして、沖縄における社会活動と一般個人との架け橋となるポータルとしての位置づけを、ソーシャルメディアを活用しながら確立していければと考えています。

SNAOの想いや活動方針に共感・賛同いただけましたでしょうか?
もし共感・賛同いただけましたら、ぜひアクションをお願いします! 各種イベントへのご参加や、ボランティアや運営委員としての活動サポート、寄付金などを通じたご支援、もちろんウェブサイトへのコメント投稿やFacebookページへの「いいね!」なども大きな力になります。
まだまだ成長途上のSNAOですが、多くの方々のお力をお借りしながら、もっともっと活動の幅を拡げていきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

目的

この法人は、一般の人々に対して、勉強会やセミナー、イベントなどの活動を通じて地域住民のソーシャルネットワークリテラシーを向上させ、広く地域の発展に寄与することを目的とする。

特定非営利活動に係る事業

1.ソーシャルネットワークによる交流事業
2.ソーシャルネットワークリテラシー向上事業
3.ソーシャルメディアを活用したビジネス支援事業
4.ソーシャルネットワークによる社会的課題解決支援事業

活動実績

平成24(2012)年度:
○みらいファンド沖縄を通じて「世界若者ウチナーンチュ大会支援基金」へ寄付(7月)
○琉球新報社の方の講演と懇親会を組み合わせた交流会を開催(12月、20名参加)
○法的知識の講習会を開催(3月、29名参加)

平成25(2013)年度:
○NewsCafe(新聞記事を読みこんで議論する)を開催(5月・12月、のべ25名参加)

平成26(2014)年度:
○NewsCafe(新聞記事を読みこんで議論する)を開催(7月、14名参加)
○セミナー「クラウドファンディング入門 in Okinawa」開催(3月、18名参加)
○セミナー「弁護士から見たSNS〜その後」(3月、18名参加)

平成27(2015)年度:
○沖縄の犬・猫里親情報を提供するFacebookページ「沖縄のいぬ・ねこ里親情報 by SNAO」開設(5月)
○NewsCafe(新聞記事を読みこんで議論する)を開催(7月・12月、のべ23名参加)
○ソーシャルネットワークでつながる人たちの交流を図るイベント「BBQでまったり海納め in 美らSUNビーチ」実施(10月、12人参加)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-5898-3346

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP